top of page

​Digest

2019-2020

6'23"  video instllation

シーケンス 31.00_02_59_18.静止画008.jpg
シーケンス 31.00_03_59_11.静止画009.jpg
スクリーンショット 2021-05-12 19.09.08.png
スクリーンショット 2021-05-12 19.09.42.png

” 大切にしているもの、もしくはそのかけら” を探してもらい、口移しで咀嚼しあうことをしてもらう。

 人に連れられて行った宮城の閖上海岸で、ふと目に入ったきれいなかけらを拾った。表面をなぞっていくとタイルの破片のように見える。玄関、風呂場、台所、ツルツルしているから水回りだろうか。断面のガラス質の部分は鋭利なまま。かけらの記憶を想像する。土が盛られ、防波堤ができ、周りの時間は進んでいてもこのかけらは止まっているようにゆっくりだ。遠くて近い、現実のかけらになって、気がつくと喉の奥に引っかかっている。

 海辺を歩く。寄せては返す水の流れで石と石がぶつかり合い、少しずつ削れていく様子は鳥の消化を思い起こす。歯がない鳥は、飲み込んだ食べ物を砂や小石と一緒に砂嚢と呼ばれる消化器官ですり砕く。消化できない小石が食べ物の消化を助けるのだ。するとだんだん海が大きな消化器官に思えてくる。

In this video, Tried to open up a personal experience of eating and digesting. The moving objects in the video are the 'piece of important things' of the two people.​

 

When I went to Yuriage Beach in Miyagi Prefecture with my partner, I found a beautiful piece of debris.I see the surface of the piece, it looks like a part of tile. Entrance, bathroom and kitchen. It is glazed, so it was probably used as a wet area. The edges of the piece still remain sharp. Imagine the memory of this piece. The earth is piled up, the breakwater is built, and the time around is moving, but This piece is slow as if it were stopped. It is a close and far piece of reality, and out of nowhere, I found feeling that piece stuck in the back of my throat.

 

Artists in FAS 2020

2020/1/30~2021/3/21  *​緊急事態宣言の影響で3/9~3/21に開催変更

​藤沢市アートスペース

1-Edit.jpg
4-2.jpg
5.jpg
8.jpg
10.jpg
9.jpg
画像提供:藤沢市アートスペース  撮影:熊野淳司
bottom of page